主人の両親が遊びに来た

昨日は主人の両親が遊びに来てくれました。

県内ですが、高速を使っても一時間以上かかる距離。

それでも月に二回~三回は来てくれます。

二才の下の子とデパートに買い物に行く約束です。

朝早く来るだろうなーって思っていても片付ける気にならない。

ギリギリまでだらだらしてから、慌ててリビングを片付ける。

脱いだままのパジャマたちはかごへ。

おもちゃは和室。

こんなときに限ってリビングソファの下に遊んだパズルが散らかっているからイライラがつのってきます。

大体終わったら掃除機をかけて、台を拭いて。そして玄関掃除にトイレ掃除。

一時間ぐらいでピッカピカです。

わたし、いざとなったらこんなにテキパキ動けるのに、「いざ」がこない毎日は片付けスイッチが入らないから困ったもんです。

和室はおもちゃの楽園になりましたが、もう仕方ない。

もうすぐ高速を降ります、とメールがきました。

やっぱり来るときはちょっと緊張する私です。

少しくつろいでからデパートへ。

義理の母のお買い物に同行。

海外ブランドの化粧品を五万円分ぐらい購入しました。

自分が買えない分、この瞬間に立ち会うのは気持ちがいいです。

一本一万円ぐらいする化粧水を二本とか、化粧下地を二個とか、、まさにセレブ買いです。

薄いメイクの私をみかねて、店員さんがサンプルをくれるので、内心ガッツポーズしながら、でも顔は冷静を装って受けとります。

これだからデパートの買い物同行はやめられません。

ついでにお昼ご飯もごちそうしてもらって帰宅しました。

主人の両親には本当によくしてもらっています。また遊びに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です